スポンサーリンク

【生理前中の憂鬱対策】落ち込む前に!魔法の言葉と3つの方法で解消しよう!

女性にとって、憂鬱な期間「生理」

みなさん、どうやって対処していますか?

どうしてもホルモンの関係で、身体の痛みも出てくるし、心も変になってしまいますよね。
いつもイライラしちゃったり・・・。

いつも私がこの時期に行う『心の対処法』を3つ書いていこうと思います。
同じ苦しみを味わうものとして、少しでも良くなることを願いながら、書いていきますね。

スポンサーリンク

憂鬱な気持ちを解消する方法

生理中の心の状態は、とても不安定です。
何をしても、放心状態になってしまうときもあります。

そんな時に私が行ってることが少しでも参考になり、
心が少しでもスッキリできるように分かりやすく書いていきます。

自分が一番好きなことをする

私の場合、気持ちが落ち込んでいるときこそ、一番好きなことをやります。

ゲームが好きなら、ゲーム。
美容系なら、マニキュア塗ってみたり、好きな香りでハンドケアしてみたり。
お肌のケアにいつもより時間をかけてみるのもよし。

私は音楽を聴いたり、ひたすら映画や動画を見ます。
お風呂もいつもより長く入ります。

「自分が好きなこと」をとにかくやる

好きなことをやってる時間は、ネガティブなことすら考えなくなります。

SNSをシャットアウトする

ネガティブな気持ちになりがちな、生理の期間。

他人に対する感情や、自己肯定感の減少など、とにかくネガティブ思考になりますよね。
いつもの自分じゃ考えられないくらい落ち込んだりします。

ネガティブになるようなSNSはシャットアウトする
気持ちが落ち込むようなニュースなどは見ないようにする

私は普段、特に自己肯定感が低い感じはしないです。
だけど、生理前や生理中は、どうしても、黒い感情が表に出てきます。

他人と自分を比べて、いくら悩んでも解決はしないです。
でも、気持ちが落ち込んでる時に、どうやったって前向きにはなれないんですよね。

それなら、シャットアウトするべき。

ネガティブになればなるだけ、疲れちゃいますよね。

いっそのこと何もしない、寝てしまう

好きなことをやっても、集中できない。やる気が起きない。
すべてのネガティブな情報を遮断しても、気持ちが落ち込んでしまう。

それなら、いっそのこと開き直って、何もしない。

これが一番だと思います。

生理中の心は本当に不安定ですよね。
自分でコントロールすることがなぜかとても難しい。

それならいっそのこと、何もしないでいいと思います。

何もできないくらい気持ちがさがっているなら、何もしない。
眠れるなら、いっそのこと寝てしまおう

何をしても、気持ちがまったく上がらずに、心をさらに乱すくらいなら、
私は寝ます。

寝て起きたら、少しだけ気持ちがあがっている時もあります。

症状が落ち着いていて、眠れるなら、何もせず寝てしまうのが一番ですよ。
とにかく無理はしないでください。

魔法の言葉「生理だからしかたない」

大抵の女性は、どうしても、生理期間中って、なぜかイライラしてしまいます。

家族に八つ当たりして、反省して、さらに気持ちも落ち込んでしまいます。
中には、とことん自分を責めて、虐めてしまう人もいますよね。

自分にたいして、「なんで!?そんなことしちゃうの??」って責めちゃう人もいます。
私もそうです。

どうしても気持ちが先行してしまうから、さらに落ち込みます。

そういう時は「生理だからしかたない」という魔法の言葉を唱えましょう。

魔法の言葉「生理だからしかたない」を唱えよう

八つ当たりしてしまうのも、自分を虐めてしまうのも、
大丈夫、自分の意思じゃないんです。

ちなみに、これは自分にだけ唱えてくださいね。

家族が無理解だと、ケンカの発端になる場合もあります(苦笑

生理について理解することが一番

女性だからといって、生理について詳しいかどうかは、人それぞれですよね。
どうして、こういう状態になるのか、詳しく知ることが、対策の一つでもあります。

PMS、PMDDといった生理前の不調について、婦人科へいくのも一つの方法です。

自分の身体が今、どういった状態であるか。
自分の心が今、どういった状態であるか。

環境が変わったり、年齢を重ねていくごとに、症状は変わっていくと思います。
その時その時に、しっかり対策していくことが一番です。

自分の身体のことでも、コントロールできないのが「生理」です。

私自身もいまだに、この期間だけは、人が変わったようになってしまいます。
対策はそれぞれ。

自分の身体と心を大切にして、うまくつきあっていけるようになりましょう。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

生理中のイライラに対する対策の記事も書いてます。
良かったら参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました